9ヶ月頃の赤ちゃんへ、手づかみ食べが始まったら

Sassy(サッシー)クラムキャッチャー・ビブ(セブラ)

離乳食が始まったばかりの時期は、ママが食べさせてあげますが、
9ヶ月頃になると、食べることに興味が出てきて、
自分で掴んで食べようとします。

「手づかみ食べ」の始まりですね。

お皿の上はぐちゃぐちゃ、床にもこぼしたり、
お口のまわりもベタベタ・・・

でも、イライラしたりせずに、どんどん手づかみで
食べさせて、成長を見守ってあげましょう。

この時期は、布カバーのないチェアーに変えたり、
床はカーペットをはずしたりして、
少しでもママのお掃除が楽になるよう、工夫が必要ですね。

離乳食初期は、食べる量も少なく、食べこぼしも
それほどないので、普通のスタイでよいですが、

手づかみ食べが始まると、エプロンも選ばなくてはいけません。
おすすめなのは、食べこぼしがキャッチできるポケットが付いたタイプ。

プラスチック製だと、洗剤で洗って、拭き取ればよいので、
1枚あれば、十分です。

このようなタイプのエプロンですね。

OGYU(オギュー) イージークリーンビブ・ピンク

外出先では、バッグに入れると、少し場所を取ってしまうので、
折りたためるビニール製のポケット付きエプロンがあると便利でしょう。

画像をクリック

 
Sassy(サッシー)クラムキャッチャー・ビブ(タイガー)

Sassy(サッシー)クラムキャッチャー・ビブ(タイガー)

Sassy(サッシー)クラムキャッチャー・ビブ(さかな)

Sassy(サッシー)クラムキャッチャー・ビブ(さかな)

 

キャッチャー部分は、取り外しができて、別々に洗えます。
2歳を過ぎて、食べこぼしが少なくなってきたら、
キャッチャーを外してお使いいただくこともできますよ。