赤ちゃんが乗っています(ベビーステッカー)

赤ちゃんが乗っています(ベビーステッカー)

赤ちゃんを乗せてる車に付けてるあのマークって

車の後ろガラスに、

「baby in car」
「baby on board」
「赤ちゃんが乗っています」

と書いたベビーステッカーが付けられているのをよく見かけますよね。
吸盤タイプやシールタイプのものがあり、正しくは「セーフティサイン」というものです。

この車には、赤ちゃんが乗っているんだなー
というのがひと目で分かりますね。

でも、なぜ赤ちゃんが乗っていることをアピールする必要があるの?
という方もいらっしゃるかも知れません。

1984年にアメリカで販売されたのが最初

そもそも始まりは、アメリカの会社が、
衝突事故防止の目的で1984年に発売したのがきっかけだそうです。

他にも、事故を起こして大人に意識がない時に、
赤ちゃんが乗っていることをレスキュー隊にアピールするためというのも、
目的のひとつのようですね。

ベビーステッカーは、付ける?付けない?

「赤ちゃんが乗っています」のステッカーを付けるか付けないか、
ご意見は様々なようです。

小さな赤ちゃんを乗せてるから、
ゆっくり運転しています、
お先にどうぞ・・・

という意味もあって付ける方、

車に合わないし、赤ちゃんが乗っていることをわざわざアピールしなくても・・・
という付けない派の方。

ベビーステッカーで赤ちゃんを少しでも守るために

首が座っていない赤ちゃんをチャイルドシートに乗せて運転する時は、
やはり慎重になりますし、
後ろの車に先に行って欲しい時だってあります。

万が一事故を起こしてしまったり、
事故にあった時も、赤ちゃんの存在をいち早く伝えたい。

出産して退院する時には、
産まれたばかりの小さな赤ちゃんが車に乗っています。

出産準備品リストに、
「赤ちゃんが乗っています」のベビーステッカーを、
ぜひ加えてあげて欲しいな、と思います。

画像をクリック

 
赤ちゃんが乗っています(ベビーステッカー)

Sophie la girafe キリンのソフィーベビーセーフティサイン(赤ちゃんが乗っています)